So-net無料ブログ作成
検索選択

江口玲・タカギクラヴィア松濤サロン10周年記念コンサート [ピアノ]

立山・富山行きの記事の1つ目を久しぶりに書いたころに、
江口さんのピアノリサイタルが、8/28(日)に、
ファンにはおなじみのタカギクラヴィアさんの松濤サロンでありました。
 
DSC07050_s.jpg
 
 
そのサロンができて10周年記念コンサートとして、
そういう節目は江口さんで、とのことで、なおさら楽しみにしていました。
こけら落としも江口さんだったとのこと。

曲目は、
前半はドビュッシーで絵画鑑賞、
後半はショパンのマズルカで、ショパンの人生を辿る旅。。

ドビュッシー:

 2つのアラベスク 第1番、第2番
 「版画」 塔、グラナダの夕べ、雨の庭
 喜びの島

ショパン:マズルカ

 Op. Posthumus B-flat、 Op.68-2、 Op.7-3、 Op.7-1、
 Op.17-4、Op.24-1、Op.24-2、Op.30-3、Op.33-3、
  Op.41-2、Op.50-2、Op.59-2、Op.63-2、Op,63-3、Op-68-4

今日の楽器は、ホロヴィッツ愛用だった、
ニューヨーク・スタインウェイ CD75。

実は初めての最前列に座ってみました。
 
DSC07070_s.jpg
 
 前半のドビュッシーは喜びの島以外は初めて聴く曲でした。
グラナダの夕べの、スペインの風情がとても美しい。
喜びの島も、衝撃を受けたホロヴィッツの演奏を思い出しました。

と、実は隣のお席には、ファン友で、とてもピアノをかっこよく撮る方が。
休憩時間とかにちょっと教えてもらったのですが、、いかがでしょうか?(^^;
 
DSC07069_s.jpg
 
 
後半のショパンのマズルカ。こちらのほうが、私にとってはより身近です。

以前も似たような構成のプログラムがありましたが、
今回は、かぶりつきの最前列で、音のシャワーをビンビン浴びる素敵な席です。
 
折角なので、音の出方に注目すると、
 
高音域は、弾いている江口さんのところから、
低音域は、右側のピアノの先端から、
中音域はその間で、割と広い範囲から、

聴こえるようです。

それに加えて、音色や表情が鋭く変化する演奏。。。

目の前が、まさにフルオーケストラ状態(^^
 
 
と、そうこうしているうちに、ピアノ教室(現在サボり中)で習った
Op.7-1に突入。

最前列ということもあり、何気にペダルに目が行きました。。。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

そこで、ペダル踏むんですかぁーーーヮ(゚д゚)ォ!

いや、多少なりとも、その曲を実際に弾いたことがある者としては、
他の方の、しかも極上のクオリティの方の弾き方を拝見できるというのは、
とても刺激というか、、、衝撃的でした。

確かに、出てくる演奏の表情の変化と関連付けると、
なるほどと納得できましたが、、

演奏も楽器も、比べるのも失礼なのですが、、、

でも、あのクオリティを出すために、
そこでペダルを踏んで表情を変えるという発想がすごいな、
と聴きながら、その後はずっと目が点になっていました。

アンコールはOp.67-3で、これも弾いたことのある曲でした。
2、3分くらいのシンプルで短い曲ですがとても美しい曲です。
逆にこれがとても難しいんです。

自分じゃ100年練習しても、江口さんのような演奏にはなりそうもない。。
この曲も、ペダルの踏み方を見て驚きました。。。

確かに、私は楽譜に書いてある音を弾くのに悪戦苦闘しているレベルですので、
実際のところ、ペダルはその次になっていますが、

でも、そこでペダルを使って表情を変えようかな、
という発想自体ができなかったです。

曲のイメージがあって、演奏する楽器の性格をよく理解して、
曲のイメージをこの楽器で実現するには、、、毎回演奏に圧倒されてしまいます(^^

楽しいリサイタルの終わりに、タカギクラヴィアの高木社長が閉会のご挨拶。。。。
 

続きを読む


nice!(16)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

江口玲・ピアノリサイタル with 干野宜大 [ピアノ]

今年も楽しみにしていた6/19の江口さんのリサイタル。
今回は、文京区にあるトッパンホール。初めての場所です。
 
DSC04994_s.jpg
 
ちょっと駅から遠いのですが、
初めてのホールはそれもまた楽しみの一つ。
 
DSC04995_s.jpg
 
開場よりだいぶ早く会場に到着(^^
よくお見かけする方のお顔もアリで。

IMG_20160619_180735_s.jpg
 

続きを読む


nice!(42)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

江口玲ファンの集いコンサート vol.8 [ピアノ]

東京では桜が見頃をちょっとすぎたくらいの4/9、
江口玲さんのファンの集いがありました。

昨年も同じ時期の4/5に開催(=> これ)。
昨年の今頃は、仕事でがっかりなことがあり、
失意の中、パワーをもらいに参加しました。

今年は瀬戸際から蘇ったその仕事をしっかり完成させ、
そして新しい仕事への挑戦の幕開けに、
期待と前向きな気持ちを胸に、参加しました。

場所は恒例の渋谷・タカギクラヴィア松濤サロン
楽器はこちらも恒例のCD75に加えて、
後半は、ローズウッドさんを第二ピアノにして、
江口先生の教え子の、片岡健人さんがゲスト出演。

曲目は

ショパン
 英雄ポロネーズ

パデレフスキー
 メロディー
 
リスト
 パガニーニによる大練習曲
    No.2 変ホ長調、No.3 ラ・カンパネラ
 
<休憩>
 
ショパン
 アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(2台ピアノ)
 
リスト
 死の舞踏(2台ピアノ)

とまぁ、今回もガッツリ豪華プログラムです+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

英雄ポロネーズは、1983年のホロヴィッツ初来日に、
テレビ越しに同じCD75で聴きた曲。
当時はホロヴィッツが何者か知りませんでしたが、、
それでも、聴いたこともないすごい音だったと記憶してました。
それから、、、え?もう33年(汗
少し手を伸ばせばその同じ楽器に手が届く、そんな至近距離で、
しょっぱなからビンビン来る音の波。。。。たまらんです。(^^

パデレフスキーのメロディはしっとりと。
弦楽器のような息遣い、時折キラキラと入ってくる粒のそろった装飾音、
いやぁ、ピアニッシモと余韻が美しい、美しい。
ふと、この一年、なんて充実した年だったんだろうと感謝しながら、
ちょっとうるうるしながら、どっぷり聴き入っている自分がいました。
もしかしたら、桜を見に行った時の気持ちに近いかも。
花が優しい光と風にゆらゆらと、時折はなびらがひらひらと舞う、
それを静かに楽しむ、そんな風情でした。

リストのラ・カンパネラは、江口さん演奏では初めて。
背中越しに聴く位置、最近ピアノ教室休んでますが、
あの豪華な曲を演奏するときの体重移動とかどうしているのかな、
と、そんな難しい曲は弾けないけど、弾き方にも注目してました。
いつもの通り、無駄のない動き。
左右への体重移動が大きく、そして早い!
ふわっと浮いたように脱力している腕の動きは軽やかで、滑らか。
もしかして鍵盤を下げきって下に当たるか当たらないかの、
寸止めくらいで弾いているのではないかという気もしました。
んー、楽器との一体感がいつもすごいです。
弾いているというより、
楽器と一緒に歌っている感、どこから来るんだろう、
とか思いつつ、またしても華麗な演奏に圧倒されておりました(^^

休憩挟んで二台ピアノ。
特に、死の舞踏は去年の6/19のリサイタル(-> これ)で聴いたスペクタクル!
2台ピアノアクセル全開のこの曲、それはそれはすごいんですが、
途中から、その豪華な、大量の音の一粒一粒に注目できました。
圧倒されつつも、聴くのが2回目だから、少し心に余裕が出たのかもですが、
至近距離の、ピアノの生音の粒が驚くほどはっきり聴こえる、
というか、至近距離だからそりゃあたりまえだろ、なんですが、
以前よりもよりはっきり注目して聴けたのはなんだか不思議な体験でした。

アンコールは、まず片岡さんがクライスラーの愛の喜び、をCD75で。
江口さんも弾く華麗なこの曲を選ぶのは、
やはり江口一派だからでしょうか。(^^
未来に挑戦しようという意気込みを感じる若々しい勢いのある演奏でした。
演奏後のコメントで、
1年前、初めてCD75を弾いたときは「意味が分からなかった」と。
そして、江口先生の言葉の
「この楽器の特徴はピアニッシモの美しさ」
に気を付けて弾きましたと。
自分の成長を感じながらの、前向きなコメントが、ナイスでした。
これからの活躍に期待したいと思います。

最後は、江口先生が、豪華な曲が続いた後にはしっとりとした曲をと、
リストのコンソレーションで〆。
まさにその美しいピアニッシモ。
余韻の最後の最後の一滴まで堪能して充実の演奏会は幕を下ろしました。
 
 
DSC04570_s.jpg
 
*  *  *  *

演奏会後の懇親会での江口さんの座右の銘の
「出る杭になって、打たれなさい」
確かに、その姿勢、同感です。

4月から異動で仕事内容がガラッと変わり、
気持ちは若く、常に挑戦の姿勢を忘れずに、
打たれるような出る杭になるべく、
また頑張りたいと思います。


nice!(40)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

東京シティフィル定期演奏会 with 江口玲 [ピアノ]

途中、紙工作を挟みましたが、
2/19は、、何年ぶりでしょうか、
心を清めに、オーケストラの演奏会を聴きに、
東京オペラシティに行きました。(^^
 

20160219_s.jpg
#東京シティフィルのホームページから拝借。。m(_ _)m

続きを読む


nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

江口玲・ピアノリサイタル with 矢野雄太 [ピアノ]

何かとアレな日が多く、blog更新、訪問も全く滞っておりすいません。
 
しかし、それであっても、、、
 
いや、それならなおさら行かねばならぬ、今年の619。
 
ということで、今年も6/19は浜離宮朝日ホールへゴー!=3=3
 
DSC03494_s.JPG
 

Blog活動サボりまくっているのにこのネタになると長い(笑)


nice!(33)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

クラビノーバ緊急修理大作戦・その6 [ピアノ]

前回の記事で、予告済みでしたが、
ウチのクラビノーバの、真ん中の「レ」が、爆音になる「ときがある」のため、
ピアノ教室の発表会も無事終了したことですし、
4/18にバラしたばっかですが、またクラビノーバをバラシで。

以前、違う音だけど、同じ症状で修理してました。

えーっと、いつでしたっけ、、、
こういう時、Blogは便利だな、記録残ってるし。

 
 
 
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

続きを読む


nice!(49)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

ピアノ発表会2015 [ピアノ]

4/29のことでしたが、ピアノ教室の今年の発表会でした。
#前の記事で、たくさんのnice!ありがとうございました。
 
丁度10年前、同じ場所で、初めて人前で演奏しました。
その時の曲は、バッハのメヌエット
 
IMG_20150429_192651_2015s.jpg
 
 そして今年、場所も楽器も同じで、
曲はパデレフスキーのメヌエット。
 
IMG_20150429_190238_2015s.jpg
 
作曲者は違えど、メヌエット。何かの因果でしょうか。

今回は思いっきりいけました!
ピアノ教室の色々な方からありがたいお言葉も頂きました(^^
 
弾きこぼしは多々ありましたが、
4月10日のリハーサルの時点で気に入らなかった多数のフレーズは、
ほぼ修正できていました。
#録音聞き比べると、ほぼ別の曲でした(笑)
 
DSC02949_2015s.jpg
 
 

続きを読む


nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

さあ [ピアノ]

今日これからピアノ教室の発表会。
#会場にて記事アップです。

思いっきりいきたいと思います。

すいませんが、コメントお休みします。

p.s. 今年の近所の桜です。

201504sakura.jpg

nice!(23) 
共通テーマ:日記・雑感

クラビノーバ緊急修理大作戦・第五幕 [ピアノ]

ピアノ教室の発表会が目前に近づいております。。。
#発表曲は、パデレフスキーのメヌエットです。(^^;

が、
 
先日、自分の練習を録音して聴いてみると、
リズムの取り方等、かなり気に入らない個所があり、今頃修正を試みていたり、、、

間に合うんかい、ソレ、、、っても、わかった以上、放置はできんし、、
うーん、なかなかうまくいきませぬ。。

そう、そんな時に限って・・・・・・題名の如し(-_-;


(続きを読む・今回は写真多めです(^^;)


nice!(41)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

江口玲ファンの集い・Vol.7 [ピアノ]

Blog活動がさらに停滞していて恐縮です(-_-;
仕事で、まぁ、いろいろありまして、
なかなか難しい時代ですね、、、
って、、Blogじゃ詳細書けないし。。(´Д`)ハァ

*  *  *  *

それはそれとして、

というか、
 
逆にパワーをもらいに、
4/5は、江口玲さんのファンの集いにGo!
 
DSC02812_2015s.jpg
 
 
今回は、ベートーヴェンの3大ピアノソナタ。
「悲愴」、「月光」、そして「熱情」
ピアノは、ファンにはおなじみの
1912年製のNYスタインウェイ・CD75。

ファンの集いという、少人数の小さなイベントなのに、
今回も強力なプログラムです。

いつものように、江口さんの解説付きの演奏会。

実はこの3曲とも、ベートーヴェンが付けた曲名ではないとのこと。
ですので、一旦、曲の題名を忘れて聴いてみてくださいと。

また、時代的に、ベートーヴェンのがこれらの曲を作曲していた時代は、
ピアノがピアノとして完成されていく時代であり、
それは、楽譜が、完成された現代のピアノで弾くことを想定したものではありませんと。

そこで、当時の楽器の特性をイメージして、楽譜から作曲者の本意を解釈し、
それを、この日の楽器の性格に合わせて演奏する、という、
とんでもない高度な演奏が繰り広げられました。
#私なんぞ、そもそも、これらの曲は楽譜見て弾くことすら無理ですw

最初の「悲愴」は、江口さんの解説の通り、
悲しげな感じはなく、美しく幻想的に聴こえました。
特に素敵だったのは、有名な第2楽章。
何でもない、シンプルメロディが、心に染み、ぐっときました。
このピアノの地味で落ち着いた中音域の音色も曲とすごく合っていました。
山歩き中のような清々しさがありました。
何でもないところの、美しさ、歌わせかたが、本当に素晴らしい!

二曲目の「月光」は、静かな第1楽章は、月光かもと思わないでもないのですが、
莫大なエネルギーを放ちながら、迫ってくる第3楽章まで通しで聴くと、
確かに月光な感じはしません。
至近距離で聴く熱演、ピアノが揺らす空気が波となって、
何度も押し寄せるのを、しっかりと感じました。

三曲目の「熱情」は、、、これは熱情だとおもいます。
ベートーヴェンがピアノソナタとして完成の域に達したと考えたのではないか、
というこの曲。
このピアノの重たい重たい低音と、煌めく高音、鋭く変化する音色の特徴は、
この曲と合っていると感じました。
その楽器の特徴を江口さんがフル活用し、
ベートーヴェンの音楽が持つ精神的な重さ、
激しさを生々しく再現していたと思います。
 
DSC02814_2015s.jpg
 
音には、何がそこまで、自分を追い詰める必要があるのか、
みたいな迫力がありました。
逆に、一瞬一瞬に情熱をもって、濃く生きることの大切さを語っているのかも。

無駄のない、流れるように滑らかに演奏する江口さんの見た目の体の動きからは、
いつものように、溢れ出る音の気迫を、あまり想像できません。
しかしそれは、楽器の特徴を理解し、楽器と共にいい音楽に、ひたすら徹する姿でした。
 

続きを読む


nice!(30)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感